ふれーゆ裏で初メバル!

釣行日:9/17

1ヶ月ぶりくらいにふれーゆに行ってきました。今回は21:00〜25:00限定の夜釣り。早朝というのも考えましたが、帰りの道路が混みがちなので夜にでて深夜帰宅という渋滞回避のスケジュール。

というわけで今回はまず手持ちの胴付き仕掛けにアオイソメで釣りを開始。ちょこちょこアタリがあるけど乗らず。。そんなこんなで何も釣れずに2時間が経過です。長時間釣れないとつい油断してしまいがちですが、まさに油断したタイミングで大きそうな当たりが!

急いでリールを巻きますがプチッという音と主に切れてしまいました。。なんの魚だったのだろう?とにかく無念。。

しかけがなくなってしまいましたので気を取り直して虫ヘッド1gで落とし込み風に探っていきます。初めてふれーゆにきた時はわけもわからず着底して巻いてきたので根掛かりばかりでしたがさすがに最近は胴付きっぽく、自然に落としてから上に引き上げる動作を多用することで根掛かりを避けるという考えです。

そんなこんなで釣り開始から3時間ほど経過したタイミング、2個目のベンチ前付近を探っていると「ググーッ」と下に引っ張られるアタリが!

潜られないように急ぎめに巻くとそこにいたのは初のメバル!でした

大きさは18cmくらいでしょうか。そんなに大きくないと思いますが初めて釣れた魚ってのは嬉しいですね!そのあとは、まぁ釣れたしいいやみたいなマインドになってしまい、早々に切り上げました。

f:id:fishtech:20180930234139p:plain

 

 

夏休み、熱海港でショートフィッシング

夏休みに2泊3日で家族で熱海に行ってきました。短時間でしたが熱海港に2回ほど釣りに行けたのでメモしておきます。

1日め

旅行2日めの朝、家族を横に5:00に起床、宿から徒歩12分ほどで熱海港に。朝5:00から営業しているフィッシングショップサンワにて青イソメを購入し、お店の横にある船着場?で釣り開始。宿に戻るまでの1.5時間、まずは胴付き仕掛けで根魚を狙を狙ってみます。

水深は3〜4mほどでしょうか。ちょいちょいアタリはありますが、つついているだけで魚は小さそうな感じ。たまにフッキングするかな?というあたりはあるもなかなか乗りません。

底を意識して探ること20分、ついに釣れました。小さなカサゴです。
f:id:fishtech:20180902224945j:plain

その後もしばらくやってみますが、徐々に港で働く人が増えてきたこともあり場所を移動。

次に行ったのが、歩いて10分ほどのところにある、有料の海釣り施設横の突堤エリアです。施設すぐ横の岸壁でなく柵があるところですね。このときは岸壁を知らなかったのですが、知ってたらそっち行ってたな・・と。

ここでは柵ごしにテトラ付近を同じく胴付きで探ります。

すぐにアタリがあるのですが・・これでした。初めて釣ったのですがネンブツダイというそうで、餌取りとしてわりとやっかいな存在だそうですw。魚体が小さいわりには食いがよく容易にフッキングします。調べたところ、唐揚げで食べられるそうですが、今回は旅行中なのでやめておきます。この後はネンブツダイを15尾ほど釣り、全てリリースして終わりました。
f:id:fishtech:20180902224934j:plain

2日め

2日目はスケジュールの関係でさらに短い45分ほどの釣行となりました。少しでも移動時間を節約するため、マリンスパあたみの前にあるギリギリ釣りができそうな三角形のスペースです。おそらく、サンビーチ側から歩いて最も近い釣りができそうな場所です。 

初日と同じ仕掛けで底を取りながら探り釣り。けっこう水が澄んでいて、カラフルな魚もチラホラ見えます。

で、釣れたのがこの2尾。何という魚かはわかりませんw。がんばって検索してみたのですがだめでした。ベラの仲間とかでしょうか?
f:id:fishtech:20180902224912j:plain

f:id:fishtech:20180902224922j:plain

というわけでたいして釣れませんでしたが、普段とは違う経験ができたのと、旅行中の時間を有効活用できたような気がしたのでよかったです。次は海釣り施設でじっくりとやってみたいですね。

多摩川でオイカワ釣り

イカワのシーズンが夏、そして自宅から近い多摩川で釣れると知り、台風直後に出かけてきました。

 場所は登戸からちょっと下ったところ。以前から近くを通ると釣りをしている人を見かけることがあり気にはなっていたのです。テンカラっぽい釣り方で何だろうと調べたらどうやらオイカワらしいとわかりました。

釣った場所f:id:fishtech:20180825223125j:plain台風直後ということで増水して濁っていました。手前側の流れは穏やかでしたが、奥の本流ぽいところは釣りはやめておいたほうがいいレベルの流れでした。

 使った仕掛けはこれにスピニングリールとトラウトロッド。

ささめ針(SASAME) WA001 毛鈎でちょい投げ3本 針3号 ハリス0.6号.

ささめ針(SASAME) WA001 毛鈎でちょい投げ3本 針3号 ハリス0.6号.

 

 下調べしたところ、オイカワは毛鉤で釣れるらしく他の人のブログ読みつつイメージを膨らませてでかけました。YouTubeとかみていると楽勝で釣れているのでいけるんじゃないかと思ったわけですが実際やってみるとまぁ釣れませんw。

仕掛けのパッケージの裏に釣り方が書いてあります。川の流れに対して直角に仕掛けを投げ、流れとリールの引きを使って扇状に仕掛けを動かすのですが、なんかピンときません。何が合ってて何が間違っているのか。

ただ、しばらくやっていると、徐々に反応が出ます。まだ針にかかりませんが少しずつ感触つかんできます。

  • 反応がでるのは扇の下半分の部分、前半は反応が出ないので投げた直後はラインの長さを調節して後半に備える
  • 少しテンションかかっている状態を維持しながら引く。フッキングしやすい気がする
  • よく見ると毛鉤が沈んでいる。竿を立てたりしながら毛鉤が水面にくるように維持する

 そんな試行錯誤をしていると徐々に釣れ始め、結局暗くなるまでに15尾ほど釣れました。手軽なので子供と行くのもいいですね〜

ブログをはじめます

はじめまして、fishtechと申します。このたび、釣りを中心としたブログを始めることにしました。たいそうな名前ですが、釣りは初心者で今までは半年に1回程度、レジャーとしてやる程度です。ひょんなきっかけでこの夏からもう少しちゃんと趣味としてやってみようと思い立った次第です。

 で、今夏も何度か釣りにでかけましたが、いやぁ釣れない釣れないw。

何度も痛い目に合うと、さすがに漫然と同じやり方を続けても釣れないということに気づきます。やはり仮説を立てて実行、検証が必要と実感しまして、それを記録する場としてブログを始めたというわけです。

というわけで、人に読んでもらえる内容になるかは不安ですがよろしくお願いいたします。